消費を節約すれば自然にお金がたまります


真面目に働いている人であれば、消費支出を節約すれば自然にお金は貯まるというのが私の考えです。働いても働いても、出てゆくお金が多くて毎月火の車ですと話す人は少なくありません。しかしその人の話をじっくり聞いていると、貯まらなくて当たり前だなと思うことが多々あります。

最近は自動車にお金をかけるという人は比較的少なくなっていますが、依然として自分の収入に見合わない高級車を乗り回している人がいます。スマホが普及してから目立つのは通信費の急増です。以前は家庭には黒電話一本だけでしたが、今では家族の数だけスマホがあります。

この通信費たるや数万円になります。今月は3万とか、5万だったとかよく聞くはなしです。それから外食も多いです。千円程度の外食であっても家族が一度に行く。それを月に何回も繰り返すようではお金はいくらあっても足らないでしょう。ここで例に挙げた車、スマホ、外食のほかにも家庭で節約できることは沢山あると思います。

お金を貯めるのであれば節約するという意識が大切です。節約なくしてお金は貯まらないと思ってください。節約は省エネや省資源につながる素晴らしいことだと思います。節約すればお金はもちろん貯まります。その上環境にやさしい生活もできます。

一生懸命貯めたお金を贅沢なことに使わない


一昔前は貯蓄がラクでした。金融機関へお金を預けておくと長く預けておくほどお金が増えたのです。
打ち出の小槌じゃないけれど感覚としてはそんな感じでしたので、私はまだ若かったけれど一生懸命働いてお給料をどんどん金融機関へ預けました。

遊ぶお金を少しだけ残し、当時は親と一緒に生活していたので食費と光熱費を親に渡して残りは金融機関へ預けていたのです。
だからあっという間にお金が増えまとまったお金ができました。
そのお金を使う目的がなかったため「使うときが来たら使えばいい!」「その日がくるまでお金は引き出さないようにしよう!」と、そんなことばかり考えていたのです。

そういう幸せな時代があってその頃貯めたお金はまだ残っています。
まだ何に使ったらいいのか分からなくて、私がこの世を去ったあとは子供にそのお金を有意義に使ってもらいたいと思っています。

そうやってお金は巡っていくのです・・・。
未だにがむしゃらに働き節約が趣味のような私ですが、そのお金を渡せる自分の子供が居るので大きな買い物をしたいと思いませんし、良いものをたらふく食べて贅沢したいとも思っていません。

自分の子供が幸せになるために使ってくれたならそれで本望です。

節約ではありません、ステータスです。


節約しているつもりは、ありませんが、人から見れば、しているように見えるかもしれません。というのも、2人暮らしですが、電気代は3000円あれば、お釣りが来ます。
勿論夏でもエアコンは使いません。もともとエアコンが「嫌い」なのもありますが、全部屋の窓を開けけていれば、風通しがバツグンなのです。
日中、風の無い時は、座ると暑い(風を感じない)のですが、横になると、意外にも、風を感じ、涼しいのです。さすがに、お風呂上りは、暑いので、扇風機の出番です。

夜の12時には消灯するので、実質2?3時時間ぐらいの可動です。TVはほとんどニュース以外は、リアルタイムで観ません。全て録画です。CMカットで時間短縮、電気も夏は明るいので夜の7時頃からです。
冬場も、もちろんエアコン使いません。さすがに寒いので、ヒーターを使いますが、メンイは、「厚手のチャンチヤンコ」ブラス「電気じゅうたん(弱)」ゴロゴロ転がってます。(家にエアコンあります。)
皿洗いも、お風呂のお湯を張っている時に素早く洗います。冬でも4000円あればお釣りが来ます。
決して節約している訳ではなく、これが私のステータスなのです。逆に人間贅沢になりすぎです。

引越しして、いらないものを捨てましょう


節約ではありませんが、考え方です。たとえあ引越しをしたとします。もったいないことだと思いますが、定期的なお掃除をしたと思ったら、気持ちも楽なのです。家をきれいにしてもらったと思うのです。そうすることによって、お掃除が省けるのです。もちろん、きれいにして出ていかないといけないので、そこまで、お得でもないのですが、隷属の裏も洗濯機も、布でふいてくれたりするので、お得だと思います。

何よりもいいのが、断捨離できることです。自分がため込んでいたものを一気に放出することができます。だいぶ、少なくなるのです。100円ショップもなるので、捨てても問題ものが多いです。それに、洋服もそうです。グッズから、何から、本当にありがたい世の中です。

気持ちも一新してくれるのです。

楽しい気持ちにもなるので、もったいないと思っても、引越しできる環境にあったら、思い切って引っ越しをしてみるのもいいのです。気にしないものが見えてきます。ものが少なくなるのです。ただし、思い出はありますから、倉庫は必要ですよね。それも、整理できるので、引越しが有効になるのです。もののありかがわかると、節約も気持ち的に進みます。すっきりとします。

500円貯金 成功の秘訣とは?


特定の貨幣だけを貯金するやり方ってありますよね。
例えば、100円玉を毎日貯金する100円玉貯金や、必ず10円玉は使わずに貯金する10円玉貯金。やり方や貨幣の値段は人によって様々です。今回はその中でも500円貯金にフォーカスしたいと思います。

中々500円玉って出てくる機会がありませんよね。小銭を普段多めに持っている人ならば、100円単位でお釣りを貰うことが多いのではないでしょうか。
実際に私の友人も500円玉貯金を3ヶ月ほどやっていましたが、結果は3000円ほど、とあまり芳しくはないものでした。

このような事態を防ぐためには、普段から小銭を使わないように意識することや、そもそもあまりお金を使わないように意識することが挙げられます。

例えば、1000円を出すときに400円と600円のものがあったとしたら必ず400円のものに手を出すことによってお釣りを500円玉でもらうなど、やり方は沢山あるでしょう。

500円玉だけで、貯金するのは相当長い期間貯金しておかないと、貯めたあとの幸福感は少ないでしょう。
普段の貯蓄や節約にも1番必要なものですが、重要なのは何事も我慢する忍耐力なのでしょう。
忍耐力をもってして、500円貯金を頑張りましょう。

私のちっちゃな低減技術


私の節減企画をいくつかご紹介します。
新聞紙の折り込み訴求で色つやと二色刷りが残るときは、どうしても二色刷りの訴求から見ていきます。色つや訴求は元々大売り出しを講じる間隔が決められているので、いつもの大売り出し値段と迫る根付けが多いのですが、白黒などの二色刷りの訴求は、意外なものが安く大量に仕入れしたなど、急きょ発生する嬉しい買い得インフォメーションがあることが多いのです。他の訴求意味合いと見比べて、必要なものをいくぶん多めに買ったら、炊事や下ごしらえして冷凍しておきます。そうすると毎日の食事の提供にかかる時間が節減でき、ゆったりお茶を飲み込む余裕ができます。電気などは附けるときにもっとメーターが出るそうなので、取り扱う場合だけつけておいて、こまめには消さないようにしています。また、電気ポットは電気をあまり長期間消費するので使わず、やかんで必要なだけ沸かします。お風呂は2リットルのペットボトル複数かにお湯を入れて、湯船に浮かして容積高めして節水しています。誌や図書はライブラリーで借りて読みます。また話題の誌などは要請するとライブラリーの蔵書に加えて下さることもあるのでとことんお願いしています。節減は面白く積み重ねるのが一番です。

パッケージ割りなどに迷わされる項目なく必要なサービスを吟味して最安を選択する事が減少のポイントです


通信費の生活に占める比が高すぎると、政府も上達をミーティングする状況になっています。確かに、スマホの出現で通信費はもっと高くなっています。みんなに、こういう大きいお金を取入れやすくするために、通信事務所は様々なパッケージ割りなどを用意しています。しかし、これは瞳くらまし類であり、先方は自分にとって必要なもてなしか否かを規則正しく考えてサービスを選択すべきです。
外でWEB共鳴は実に仕事か?サウンドも見ないのに、WEB回線は光通信でなければならないのか?もてなしヒストリーが自分にとって、過剰です事が数多く、以下にパッケージ割りなどを利用しても、ガラケーのお金よりはアップしますし、ADSLのお金よりはアップします。それぞれのもてなしの要請と、それぞれのもてなしの最安を選択する事が、まさに節約するポイントです。
また、政府が通信費に関与するのはおかしいというミーティングもありますが、外国の多くでは電波は入札で通信事務所が高額で権を購入していますが、日本では無料で権を与えられていらっしゃる。これを決めたのが政府なのですから、多少関与する必要がやっぱりあると言えるでしょう。
間もなく電力が全部解禁され、電力と様々なサービスを組み合わせたパッケージ割りが出現するでしょう。そういったもてなしに迷わされると、一段と起用が困難になり、節減どころか巨額もてなしに参入しかねません。パッケージ割りなどでお客様を取り囲むのではなく、本当にもてなしのお金を引き下げる苦労を各産業にはお願いしたいものです。

毎月使うお金の金額を決めておく!


私は、学生でアルバイトをしていますが、社会人の方よりかは全然稼げません。自由に使えるお金もあまり多い方ではありませんが、毎月使う金額を決めてお金をやりくりしていくことで、少しずつでも貯金はできるのでオススメです!

私は給料日が25日なので、給料日からスタートすると、日にちが少しややこしくて嫌なので、1日スタートにしますが、1日に今月は4万円自由に使えるお金にしよう!と、決めます。

単純計算だと、1週間1万円に抑えれれば、一ヶ月4万円で乗り切れられます。これが、難しかったりしますが。。あとは、決めた金額を先に銀行で降ろしておいて、今月使うお金を家に置いておきます。そうすることで、残り何円かが目に見えるのでどれだけ自分がお金を使ってしまっていたかが分かりやすいです。

また、こまめに銀行でお金をおろしてしまうと、今月何円使っているのかが、私は分かりづらくなってしまうので先におろしておきます。遊びに行っている時などは、あまりけちらずに楽しむためにはお金を使いますが、1人でいる時のコンビニなどの買い物は実際、あまり必要のないものなども買ってしまうことが多いので、そう言うところの無駄遣いを減らして行けば少しずつでもお金は溜まっていくと思います。

不用品で お小遣い稼ぎ


我が家は、転勤が多く、

引越しも既に10回を超えました。

その度に 断捨離!

と、思って 荷物整理をするのですが

結局ダンボールを開けないまま

次の転居先へ持っていく。。

なんていうことも、何度ももあります。

今回、4月の引越しを機に

気合を入れて

要始末を決意!

我が家は五人家族なのですが

衣類と書籍

そして食器がとにかく多いのです。

一時、アパレルの仕事をしていたせいもあり

買いまくった洋服の数々、

それに合わせた靴や小物たち。。

本屋に行くたびに数冊買い込む癖のある夫は

ダンボール7箱分の本の山。

引き出物のお皿などは、

入りきらないほどあるのに

全く使っていない状態。

まず、ブランドの服、靴、小物、食器は

ブランド買取専門業者へ。

ダンボールを荷物を詰めて

査定に出します。

もちろん 配送料はタダ。

つけられた値段に不服があれば

また無料で送り返してくれます。

ここで 高値のついたものは

買い取りをお願いしました。

ブランド品でないものは、

ネットのフリマへ出品。

こんな物、売れるかな?

なんていう予想外のものが

あっという間に売れたりして

こちらは楽しみながら

小銭を稼ぎました。

書籍は、ネットのフリマと

とにかく量が多いので

自宅まで査定に来てもらって買い取り。

ほとんど値段がつかないようなものも ありましたが

それでもカフェでランチできるくらいには

なりました。

家の中も

かなりスッキリして

この一ヶ月の 断捨離対策で

懐に30000円位

臨時収入として入って来ました!

小さなことでもできることは行ってみる


子供二人が大きくなってくると食費がかかるようになるだけでなく水道代や電気代など、公共料金の支払い金額もかなり高くなり塾代や習い事代など、子供が小さなころよりもかなりお金がかかるようになってきました。これから子供たちが大学を卒業するまでにはさらにお金が多くかかるようになるのでできる限りの節約は行うようにしています。

子供たちが学校に行き主人が仕事に行き一人になった時には電気をこまめに消したり暖房は控えるなど小さなことでも必ず行うようにしています。また、暖房代がかかる冬も朝やお風呂上りにだけエアコンを使用しお友達が遊びに来ている時は床暖房を試用するなど暖房器具もそれぞれリビングにいる人数によって使い分けています。

公共料金の支払いも調べてみるとカード払いだと割引になったりお得なプランに入っておくと支払金額が安くなるので必ずお得なプランには申し込むようにしています。収入が増えないのに支払金額がどんどん増えていくため少しでも子供たちのためにも夫婦の老後のためにもできる限りの節約は必要だと思っているので外食の回数を減らしてみたり食料の買い出しはなるべくまとめてするなどして少しでも節約し貯金を増やせるように心がけています。