夏を乗り切れ! 夏のエアコンを使わないの生活!


夏は一日中エアコンが必要な時がありました 外は暑い!お部屋は快適! だけどお財布や体が冷えそう そこで夏に使えるエアコン使わなくていいかも!というアイデアを提出させていただきます。

1. 打ち水

打ち水は昔からある昔ながらの知恵です 朝夕の日が高くない時に庭や舗装されていない道路に水をまきます 朝夕の気温が低い所にまく事で効果を長持ちさせます お昼にやっては駄目なの?という考えもあると思います しかし、日の高い時に打ち水をしたら水が蒸発してしまいます そうなると逆に暑くなってしまいます もし打ち水をするのであれば効果があって欲しいです

2.水に足をつける

気分がリフレッシュしますし 冷たくて気持ちが良いのでオススメです つけ終わったあとそのまま流すのは勿体ない!という方は 昼過ぎに足をつけてリフレッシュした後、日が落ちたら打ち水をするという方法があります リフレッシュ出来て涼しくなれて一石二鳥だと思いませんか? 川に行ってつけても良いですね!

3.すだれ

皆さんグリーンカーテンは聞いたことがある方が多いと思います。ゴーヤやヘチマが出来たら美味しいですよね でも、グリーンカーテンを作る余裕が無い! という方にオススメ すだれを今回は紹介します すだれは簾という材料で作られていて 目隠し 日除け 虫除け と言った効果を出してくれます。日の当たる時間帯に閉めておいて 涼しい時間には開けておくといい感じです ホームセンターなどで売っています

さっと紹介しましたがいかがでしたか? 電気代の節約に使えたら幸いです 皆さまのお役に立つことを願っております

節約の基本は、家計の見直しから


家計のために節約を、と考えて実行している人は意外と多くいると思いますが、実効性のある節約をしている人は少ないと思います。試しに「節約できてる?」と聞いてみるとあまりできていないという答えが返ってくることが多く感じます。

節約と聞いてイメージするのが、こまめに電気を消す、冷房や暖房の設定温度という節約効果が少ないものに節約をしても、チリが積もって山となるまでの時間が途方もなくかかり、途中で挫折ということもありそうです。節約効果が一番高いのは固定費の見直しです。

住居費、保険料、携帯代などの通信費などが効果のある見直しです。その次に食費やお小遣いなどですね。ここまで節約というと、使わない、我慢するといったイメージがありますが、家計の見直しがないと中々節約効果が表れません。そして忘れてはならないのが、暖房や冷房などです。エアコンで冷暖房を賄っている場合、よく聞くのが、8畳の部屋に6畳用の容量の小さいエアコンで賄おうとしている人が意外と多いです。

これは節電どころか、機能マックスで、電気代もマックス。しかも冷えない、暖まらないのです。それで足りないので、更に…余計に電気代がかかる負のスパイラルに陥ります。そして更に、フィルターの清掃をする事でフル稼働が可能になるのですが、それすらもしていなければ、電気代の節約が動かすほどに効かないために無駄遣いということにもなります。

阿呆にしたらいけない!お風呂のお湯はフル活用


現在は洗濯機会は節水分類だったり、コストダウン結論になっていてはなはだお財布に優しい製品となっていますが、
家電製品と言うものは、こき使うほうが多いので、まだまだ一昔前の洗濯機会を使用しているほうがおられると思います。
であれば、行って頂きたい事はただ一種!おバスを加わる(浴槽に浸かる)ときの後者湯は投げ棄てずに洗濯用として使用してほしいのです。
どこにでもあるホームセンターへ行けば、1500円前後で浴槽の水を吸い上げていただける楽アイテムが置いてあります。
それを使用すれば、女性でもラクラク浴槽の湯を洗濯機会へ移す事が出来ます。

また、お花贔屓のやつは、お花への水やりに相当水道金は因ることでしょう。
そんな時にも浴槽の残り湯を再利用してください。
当社が思っている以上に、浴槽には対象のお水は溜まっている。

なので、洗濯スペックに使用してもまだ浴槽の湯は残っています。捨て去るだけのお水であれば、
お花の水やりに、ベランダの網戸保守に、子どもの作用靴の変色落としに、フローリングのフロアー保守に、
全ての生活の中で、出来る範囲内で水道からのお水ではなく、浴槽からの水を使用する様に意識を変えて上げて下さい。
月々の水道金が広く覆り、必ずびっくりするはずですよ。

ストック器を利用してストックをください。


現下100円会社に生じる缶の貯え箱があります。その缶を使うと中間の元金を取りだすには缶切りで空けなければならずいいと思います。
誰でも勤めると、1か月に1回以上はしっかりお金が押し寄せると思います。

なんでも良いので、お金を使って500円玉があれば、貯え箱に500円玉を入れて仕舞うことです。そうして行くうちに缶も重くなって来るしサウンドも低くなってきますので貯まってきている把握が湧いて来る。
元金を自分の財布と分ける結果、財布の中間の元金とは銘々というスピリットがはたらくので、財布の中にいらっしゃる元金で、かりに生活しようと始めるクセがつきます。
お金を使ってしまうと財布の中間がからになるまで、使い切って仕舞うヤツがいますが、この方法ならば、元金を使い切っても貯金してある元金は、現金の中から残ってくるので安心です。

500円玉が凄いなと想うヒトは100円玉でもいいと思います。まずは、少額でも貯えする癖をつけることが重要で、単価の問題ではないと思います。
小銭でも良いので、貯え箱に貯え講じる癖をつけて、最終的には、通帳の予算を増やせるようになれば良いですね。積み増したく繋がる金額が勝手に上がっていくので、そんなふうに繋がると貯え予算もぐんぐん貯まってくると思います。

貯蓄のコツ


効率よく貯蓄を行っていくためには、まず家庭のお金の流れを把握することが必要になってきます。

お金の流れを把握していなければ溜まるものも溜まらないでしょう。

何にお金を消費しているかを把握しましょう。

それを行った後に、何にお金が必要で何にお金が不必要かを分けていく事が大切になってきます。

必要最低限の家庭支出を把握出来たら、入ってくる収入に関して順番を変えてみるといいと思います。

入ってくる収入から支出を行い、余った金額を貯蓄に回すようなやり方ではいけません。

考えを逆にして、入ってくる収入からあらかじめ貯蓄分を抜き取り余った金額で生活を行う事が大切です。

それを行うためにはお金の流れを把握しておくことが必須になってきます。

金利0時代の生命保険を使った貯蓄方法


貯蓄をしたいなと思っていても、今は金利が0。

普通に貯金をしていても、貯金が増えて行ってくれる事はありません。

そこで、おすすめしたいのが、貯蓄性のある生命保険です・

生命保険、と聞くとちょっと敷居が高くなるかもしれませんが、10年程の短期に設定のできる、生命保険のお話です。

死亡保険をつけて、月々1万程からできる貯蓄性のある生命保険が存在します。

テレビのCMなどでは取り上げられてはいないので、知っている人は少ないでしょう。

医療保険などの掛け捨てと違って、貯蓄性のある保険は、保険会社にとっては実入りがよくないからです。

では具体的にもっと中身を見てきましょう。

これらの貯蓄性の保険は10年程からと比較的短期に設定ができます。

満期での返戻金が約100%となります。

満期からそのまま積んでおくと、払い戻しされるお金が101%、102%、とだんだんと増えていき、貯蓄よりも割合よく貯蓄をする事ができます。

途中で払い済み、というシステムを使うことができる会社があるのも魅力的です。

払い済み、とは、これ以上は続けるのがちょっと厳しいなぁと思ったら、そこで払い込みをやめる事をいいます。

払い込みをやめ、解約せずにそのまま生命保険の会社に預けておくと、そのまま運用してくれて、100%以上にしてくれます。

もちろんまるまる満期まで払い込みを続けるよりは時間がかかってしまいますが、それでも貯蓄よりははるかによい利率で運用してもらえます。

また、ドル建ての保険を利用すれば、日本円での保険よりもよい利率での運用が可能です。

ドル建ての場合は、為替差損を利用して払い戻せば、さらに利率がよくする事もできます。

つまり、円高の時に戻せば、さらに効率よく円を増やして戻せるという事です。

上記これらの保険は月々も1万円からと、普段の貯蓄の感覚でできるのも魅力的です。

死亡保険もつくので、何かあった時の保険にもなります。

とてもメリットが多いですね。

ただし、デメリットも存在します。

それは払い済みまでの時間が短い場合、100%以上になるまでに時間がかかるという事です。

また、途中で解約をしてしまうと、戻ってくるお金が100%を切ってしまって、逆に損になってしまうという事です。

ですので、最後まできちんと払い込みができる方、もしくは、払い済みにした分を使わないという方、そいった方へのおすすめの方法となります。

お金を持ち歩かないことのススメ


世間では様々な「節約法」が溢れていますね、「こまめにコンセントを抜く」とか「冷蔵庫の配置を換えてみる」といった感じの節約方が流行っていますが

著者はどちらかといえばズボラなので、一日「100円単位から」結果が出るもの意外は気が進みません

で、たどり着いたのが「使用するお金以外は持ち歩かない」ということです

これを1ヶ月続けただけで、著者はとても効果を実感することが出来ました

詳しく説明をすると、まずは金庫を用意します、そして例えば「食パンを買いたい」と思ったなら、

「食パン代の110円」以外は金庫から持ち出さない

これだけです

そもそも何気に使用しているスーパーのディスプレイ一つ取ったとしても、消費者の購買意欲をそそるよう、緻密な計算の上で商品は配置されています

流れている音楽すらも心理学の観点が利用されているのです

(例えばスローな曲とアップテンポな曲で店内の潜在時間も変わるとされています)

有名な話ですが、コンビニやファミリーレストランでレジ前に商品を置くのも購買意欲を誘うための仕組みですね

つまり、一歩外に出た時点から、お店の門構えから店内のディスプレイまで、あらゆる誘惑が張り巡らされているということで

これらの「罠」を全て掻い潜ることは「至難の技」ではないでしょうか

仮にこれらの仕掛けが一つ100円、そして一日に一つ毎日「引っ掛かった」としたら

一月で3000円もの出費です、

「仕掛け」が一つ200円なら一月6000円、300円なら9000円!!

・・・ですので、家を出る前にそのとき使う金額を想定して紙に書き出してみてはいかがでしょう

そして、その合計金額「だけ」を持ち歩けば、それらの「罠」も回避できるのではないでしょうか。

貯金をするなら先に分けておく


貯金をしたいときに、どのようにすれば貯金ができるのか考えると思いますが、一番確実なのは先に貯金の分を分けておき、残った金額で生活をすることです。これができないと、相当意志の固い人でない限り、貯金は無理だと思います。そして、家計簿をつけるときは袋分けの考え方をするといいと思います。袋わけとは、各費目ごとに予算を決めて、使ったらその分を補充しておくのです。

一週間分の食料品をまとめ買いするとお得になるという考え方があります。特売日で大量買いをしても捨てることに成ったりするので、買いすぎを防ぐことができるからです。さらに袋分けで予算を決めておけば、無駄遣いもなくなるし、使った分を戻しておけば、給料日前に金欠で貯金を崩す必要もなくなります。食料品は一週間のメニュー分下ごしらえをしておけば時短料理もできるし、調理時のガス代も節約できるので、使う分が減ることで貯金分が増えるのでお得です。食品の安全面を考えても、一週間分がベストであると思います。

そもそも貯金をする目的は、将来の生活に備えるためです。大きな買い物をするでも、趣味でも何でも良いですが、将来の自分へのご褒美の積み立てです。貯金で頭が一杯になって、今の自分に投資できないのでは意味がないので、収入を得るために頑張ってきた過去の自分を褒め、今の自分に投資し、将来笑って暮らせるようにしたいものです。

究極の節約


私の親友の話です。親友との付き合いはもう20年以上前になりますが、とある商業施設で働いていたときに出会いました。

私は当時、実家暮らしでした。親友は、私が住む町で一人暮らしをしていました。商業施設の中にある飲食店で働いていて、オープニングスタッフという事もあり、アルバイトの人数がとても多かったのです。

始めの頃は、物珍しさに全国から観光客が押し寄せてきましたが、半年もすると閑散としてお店も暇になる時間が増えました。アルバイトがたくさんいたので、暇になると一人がたくさん働けなくなってきます。私はすぐに仕事を変えましたが、友達は一人暮らしという事もあり、すぐに仕事を変えることが出来ませんでした。

週6のフルタイムで働けていたのに徐々にシフトを減らされると、生活が出来なくなってしまいます。貯金を崩しながら頑張っていました。仕事がある時は、賄が無料で食べられますが、休みの日には食べるものにも困っていた様子。とりあえず家賃や光熱費を確保しなければならないので、そうすると一切食費が捻出できないというのです。

家賃や光熱費の確保も本当に必死で、家ではトイレを使わないとか、電気もつけずにろうそくで過ごすという節約ぶり。しかもそのろうそくは、勤務先で出る廃油をで作ったものなので、火をともすと色々な食べ物の匂いがします(笑)。節約を通り越していますが、すごいなと感心しました。結局、新しい仕事にかえて生活は人並みになりましたが、今でも当時の週間が身についているそうです。

物を大事にする精神を養う為あえてグレードの高い買い物を


貯金や資金運用の様に直接お金を操作して貯蓄を増やしてゆく方法は実にストレートな方法でありその効果も早い段階で現れてくるものです。それゆえ皆こちらの方法に注力しがちですが、もちろんお金を消費して得る事になる物品の扱い方についても、工夫を凝らし大事に使い続ける事によって結果的に買い替えスパンを長く保ち、お金の節約に繋がるという面がある事も忘れてはならないでしょう。

安価だからといって耐久性の無い商品を頻繁に買い替える方式を取った場合、購入時点ではお得感で満足出来るものの、長期的な目で見ればその分買い替えの頻度を増やさなくてはならず、結果的に安物買いの銭失いとなってしまいかねないのです。

むしろ飽きる事無く大事に使い続けてゆける上質の物品を納得の上で購入し、それを出来る限り長期間使い続けてゆく事が購入コストの抑制と家計の節約に繋がるでしょう。上質なグレードの物品は見た目でも使用感でも感動出来、飽きさせる事がありません。それゆえ物を大事に扱う精神を養う事も出来、またその精神が家庭内のあらゆる物品に浸透してゆく為、次第に無駄な買い物が減り、買い物前にも果たしてそれが長期に渡って有用なのかを吟味する癖が付いてくるのです。