ダイソーのお店の500円貯金箱


かねがね貯蓄に回すお金をどうしたら捻出出来るかと考えていましたが中々難しい事でした。ある日ダイソーのお店に行った時可愛い雑貨や飾り物が多くある中に本らしい型の物を見つけなんだろうと手に取って見ると五百円貯金が毎日差し込むだけというチョット興味惹かれるものでした。

節約と言っても一日五百円です。出来るだろうかという思いもありめしたが思い切って100円だからとかいました。家に帰って100円だからって買っで来たこの買い方から節約、貯蓄捻出が出来ると貯金箱を買って教えられました。財布の中を見ると500円玉が有りません。

こんな時どうしたらいいのか、やっぱり面倒だと一瞬思い100円がもったいなかったと自分で一人笑いしていました。2日後主人が小銭を整理しておいてくれとじゃらじゃらと多く財布に入っていたのを出した時500円玉が出て来ました。あったと思い買って来た500円貯金箱に差し込みました。

不思議なもので一度入れると毎日いるたくなります。買い物の折にはお釣りがくるのを500円になる様レジで出す様計算することにしました。

ときには不思議な顔で見られた事もありましたが500円貯金が一ヶ月15000円なんと一年180000円。額を考えるともっと早くたかが100円ということから500円貯蓄がなんと一年こんなに貯まるんだと改めてチリも積もればだなあとかんじて500円貯金に励んでいます。以外にも500円の金額は苦にならないと思っています。

100円と500円硬貨で貯蓄をしています


私の貯蓄方法は、100円玉と500円玉を集めることです。積立貯金などをすればよいのでしょうが、年金生活では積み立てるのではなく、貯蓄を切り崩すことが多くなります。何とか負担にならないようにしながら貯蓄する方法はないかと思っていました。そこで、考えたのが小銭を集めることでした。

集めるものは硬貨ですが、50円以下ですとなかなかまとまった金額になりません。そこで、7×7×15cmくらいの貯金箱に100円玉と500円玉を入れて貯蓄することにしました。貯金箱に入れるのは、買い物でおつりをもらった時と財布の小銭入れが膨らんだ時に限定しました。また、500円玉は1回に1枚としました。財布に2個ある時もありますが、全部入れてしまうと日常の買い物に影響が出るかもしれないということが理由です。また、100円玉は財布の中に常に3枚は残して、余分なものを貯金するようにしています。

この方法ですと貯金箱に入るのは不定期になってしまいますが、いつの間にか溜まっていきます。100円玉の方が多くなってしまいますし、時々、両替用に使うこともありますが、それでも貯金箱の半分くらいになると確実に数万円になります。大きな買い物はできませんが、普段、期待していないので思わぬ臨時収入ということになります。