食費の低減コンポーネント・炭水化物の食材を統制


今やある程度の縮小術をしていてどうしても削れなかった食費ですが、久々に3000円ほど節約することができました。
削ったのは「炭水化物のフード」だ。
炭水化物のフードは少ないので、切り捨ていてもなんとなく買ってしまう。
しかし減量のために炭水化物を制限しているうちに、ラフファッション取り除ける炭水化物のフードを結構買ってしまっていたことに気付いたのです。
例えば軽食。スナック菓子やせんべい群れ、クッキーなどおそらく炭水化物ですね。
肥えるし栄養として不要な賜物ばかりなので、軽食はベース買わず、おパーソンは他のフードで補うことにしました。
また、麺類もスクリーニングしました。住宅は麺フェチ家庭なので各種総数の麺類を買いこんでしまっていましたが、ホビーのために麺類を貰うのをやめました。撮影のきくインスタントラーメンとパスタのみ購入することにしたんです。
主食はベース白米+押麦。パンは短い食パンのみ。オフにパスタを食べ、忙しかったり体調不良でランチタイムの整備が面倒臭い一瞬のみインスタントラーメン、という感じで炭水化物を含めるようにしそれ以外はトータル排除したんです。
こうした箇所、原則3000円位節約することができたのでした。
思えば生麺スタイルの蕎麦やうどん、焼きそばなんて買ってたら簡単にウィーク500円以上いってしまう。
軽食も毎日78円の手提げ菓子を買ったら30太陽で2340円。
最適金額になっていたんですね。
炭水化物間柄フードをスクリーニングし不要なものを買わないようにすれば、縮小にも減量にもなり一石二鳥だ。

小さなことでもできることは行ってみる


子供二人が大きくなってくると食費がかかるようになるだけでなく水道代や電気代など、公共料金の支払い金額もかなり高くなり塾代や習い事代など、子供が小さなころよりもかなりお金がかかるようになってきました。これから子供たちが大学を卒業するまでにはさらにお金が多くかかるようになるのでできる限りの節約は行うようにしています。

子供たちが学校に行き主人が仕事に行き一人になった時には電気をこまめに消したり暖房は控えるなど小さなことでも必ず行うようにしています。また、暖房代がかかる冬も朝やお風呂上りにだけエアコンを使用しお友達が遊びに来ている時は床暖房を試用するなど暖房器具もそれぞれリビングにいる人数によって使い分けています。

公共料金の支払いも調べてみるとカード払いだと割引になったりお得なプランに入っておくと支払金額が安くなるので必ずお得なプランには申し込むようにしています。収入が増えないのに支払金額がどんどん増えていくため少しでも子供たちのためにも夫婦の老後のためにもできる限りの節約は必要だと思っているので外食の回数を減らしてみたり食料の買い出しはなるべくまとめてするなどして少しでも節約し貯金を増やせるように心がけています。

節約するなら食費から


私の場合、節約する時、真っ先に削るのは食費です。食費ほど削りやすいものはありません。とりあえず、空腹を我慢するだけで良いのですから。

食費を浮かせる上で、自炊は大事になってきます。外食と比べれば、圧倒的に安価で済みますからね。しかし、私の料理スキルはあまり高くありません。それこそ、小学生レベルの料理スキルしかないと胸を張って言えます。

ですので、私の弁当は毎回卵とキャベツの炒め物とごはんです。それ以外は、目玉焼きにごはんとか、ひどい時になると醤油ごはんになります。それでもおいしいので継続することができます。

とはいえ、そんな料理だけでは飽きがくることがあります。そんな時は決まって卵かけご飯を食べるようにしています。卵かけご飯は、いくら食べても飽きが来ないので節約時の強い味方です。

また、飲料費も浮かせるよう努力しています。外出時は、必ず水筒を持っていくようにしています。中身は水道水です。日本の水道水は、高品質ですのでおいしいです。水道水のおいしさに気づくと、スーパー等で飲料水を買うのがもったいなく感じるようになりますよ。節約もできて水道水のおいしさにも気づくことができて一石二鳥ですね。

節約をすると決心したならば、さっそく自炊を、そして飲料水は水道水にしてみてはいかがでしょうか。