私がしている貯蓄について書こうと思います。


私は、生まれた子供に初めて挙げたプレゼントがあります。それは通帳です。郵便局で子供名義の通帳を作りました。そして、今までいろいろな方からお祝い金などを頂いていますが、それは使わずに、子供用の通帳に貯金をしてあります。

一度にいただくお金が1万円とか結構大きい額を頂くことが多いので、あれよあれよという間にたまっています。お年玉も、本当は子供に何かを買ってあげるためにいただいているものですが、いただいたら使わずに貯金をしています。

そして子供にあげるプレゼントは親のお金からあげることにしています。これは、将来子供が自立するときに必ずお金が必要になると思うので将来を見越してのことです。私は子供には内緒でいて、成人して立派な社会人になれるときに話そうとは考えています。

おそらく毎年お年玉はどこへ行くの?と質問してくる年になってきたらばれるかもしれませんが、それまでは子供のために貯蓄をしていこうと考えています。

貯蓄は大事だと思います。もう少し溜まってきたら、運用もした方がいいと思いますが、子供の通帳なのでそういうことは自分の通帳でしようと思います。今はまだ子供が小さいですから、おじいちゃんおばあちゃんにもらったお金を大事に貯金したいと思います。

ストック器を利用してストックをください。


現下100円会社に生じる缶の貯え箱があります。その缶を使うと中間の元金を取りだすには缶切りで空けなければならずいいと思います。
誰でも勤めると、1か月に1回以上はしっかりお金が押し寄せると思います。

なんでも良いので、お金を使って500円玉があれば、貯え箱に500円玉を入れて仕舞うことです。そうして行くうちに缶も重くなって来るしサウンドも低くなってきますので貯まってきている把握が湧いて来る。
元金を自分の財布と分ける結果、財布の中間の元金とは銘々というスピリットがはたらくので、財布の中にいらっしゃる元金で、かりに生活しようと始めるクセがつきます。
お金を使ってしまうと財布の中間がからになるまで、使い切って仕舞うヤツがいますが、この方法ならば、元金を使い切っても貯金してある元金は、現金の中から残ってくるので安心です。

500円玉が凄いなと想うヒトは100円玉でもいいと思います。まずは、少額でも貯えする癖をつけることが重要で、単価の問題ではないと思います。
小銭でも良いので、貯え箱に貯え講じる癖をつけて、最終的には、通帳の予算を増やせるようになれば良いですね。積み増したく繋がる金額が勝手に上がっていくので、そんなふうに繋がると貯え予算もぐんぐん貯まってくると思います。