節約ではありません、ステータスです。


節約しているつもりは、ありませんが、人から見れば、しているように見えるかもしれません。というのも、2人暮らしですが、電気代は3000円あれば、お釣りが来ます。
勿論夏でもエアコンは使いません。もともとエアコンが「嫌い」なのもありますが、全部屋の窓を開けけていれば、風通しがバツグンなのです。
日中、風の無い時は、座ると暑い(風を感じない)のですが、横になると、意外にも、風を感じ、涼しいのです。さすがに、お風呂上りは、暑いので、扇風機の出番です。

夜の12時には消灯するので、実質2?3時時間ぐらいの可動です。TVはほとんどニュース以外は、リアルタイムで観ません。全て録画です。CMカットで時間短縮、電気も夏は明るいので夜の7時頃からです。
冬場も、もちろんエアコン使いません。さすがに寒いので、ヒーターを使いますが、メンイは、「厚手のチャンチヤンコ」ブラス「電気じゅうたん(弱)」ゴロゴロ転がってます。(家にエアコンあります。)
皿洗いも、お風呂のお湯を張っている時に素早く洗います。冬でも4000円あればお釣りが来ます。
決して節約している訳ではなく、これが私のステータスなのです。逆に人間贅沢になりすぎです。

節約の基本は、家計の見直しから


家計のために節約を、と考えて実行している人は意外と多くいると思いますが、実効性のある節約をしている人は少ないと思います。試しに「節約できてる?」と聞いてみるとあまりできていないという答えが返ってくることが多く感じます。

節約と聞いてイメージするのが、こまめに電気を消す、冷房や暖房の設定温度という節約効果が少ないものに節約をしても、チリが積もって山となるまでの時間が途方もなくかかり、途中で挫折ということもありそうです。節約効果が一番高いのは固定費の見直しです。

住居費、保険料、携帯代などの通信費などが効果のある見直しです。その次に食費やお小遣いなどですね。ここまで節約というと、使わない、我慢するといったイメージがありますが、家計の見直しがないと中々節約効果が表れません。そして忘れてはならないのが、暖房や冷房などです。エアコンで冷暖房を賄っている場合、よく聞くのが、8畳の部屋に6畳用の容量の小さいエアコンで賄おうとしている人が意外と多いです。

これは節電どころか、機能マックスで、電気代もマックス。しかも冷えない、暖まらないのです。それで足りないので、更に…余計に電気代がかかる負のスパイラルに陥ります。そして更に、フィルターの清掃をする事でフル稼働が可能になるのですが、それすらもしていなければ、電気代の節約が動かすほどに効かないために無駄遣いということにもなります。

お金を持ち歩かないことのススメ


世間では様々な「節約法」が溢れていますね、「こまめにコンセントを抜く」とか「冷蔵庫の配置を換えてみる」といった感じの節約方が流行っていますが

著者はどちらかといえばズボラなので、一日「100円単位から」結果が出るもの意外は気が進みません

で、たどり着いたのが「使用するお金以外は持ち歩かない」ということです

これを1ヶ月続けただけで、著者はとても効果を実感することが出来ました

詳しく説明をすると、まずは金庫を用意します、そして例えば「食パンを買いたい」と思ったなら、

「食パン代の110円」以外は金庫から持ち出さない

これだけです

そもそも何気に使用しているスーパーのディスプレイ一つ取ったとしても、消費者の購買意欲をそそるよう、緻密な計算の上で商品は配置されています

流れている音楽すらも心理学の観点が利用されているのです

(例えばスローな曲とアップテンポな曲で店内の潜在時間も変わるとされています)

有名な話ですが、コンビニやファミリーレストランでレジ前に商品を置くのも購買意欲を誘うための仕組みですね

つまり、一歩外に出た時点から、お店の門構えから店内のディスプレイまで、あらゆる誘惑が張り巡らされているということで

これらの「罠」を全て掻い潜ることは「至難の技」ではないでしょうか

仮にこれらの仕掛けが一つ100円、そして一日に一つ毎日「引っ掛かった」としたら

一月で3000円もの出費です、

「仕掛け」が一つ200円なら一月6000円、300円なら9000円!!

・・・ですので、家を出る前にそのとき使う金額を想定して紙に書き出してみてはいかがでしょう

そして、その合計金額「だけ」を持ち歩けば、それらの「罠」も回避できるのではないでしょうか。

究極の節約


私の親友の話です。親友との付き合いはもう20年以上前になりますが、とある商業施設で働いていたときに出会いました。

私は当時、実家暮らしでした。親友は、私が住む町で一人暮らしをしていました。商業施設の中にある飲食店で働いていて、オープニングスタッフという事もあり、アルバイトの人数がとても多かったのです。

始めの頃は、物珍しさに全国から観光客が押し寄せてきましたが、半年もすると閑散としてお店も暇になる時間が増えました。アルバイトがたくさんいたので、暇になると一人がたくさん働けなくなってきます。私はすぐに仕事を変えましたが、友達は一人暮らしという事もあり、すぐに仕事を変えることが出来ませんでした。

週6のフルタイムで働けていたのに徐々にシフトを減らされると、生活が出来なくなってしまいます。貯金を崩しながら頑張っていました。仕事がある時は、賄が無料で食べられますが、休みの日には食べるものにも困っていた様子。とりあえず家賃や光熱費を確保しなければならないので、そうすると一切食費が捻出できないというのです。

家賃や光熱費の確保も本当に必死で、家ではトイレを使わないとか、電気もつけずにろうそくで過ごすという節約ぶり。しかもそのろうそくは、勤務先で出る廃油をで作ったものなので、火をともすと色々な食べ物の匂いがします(笑)。節約を通り越していますが、すごいなと感心しました。結局、新しい仕事にかえて生活は人並みになりましたが、今でも当時の週間が身についているそうです。

節約するなら食費から


私の場合、節約する時、真っ先に削るのは食費です。食費ほど削りやすいものはありません。とりあえず、空腹を我慢するだけで良いのですから。

食費を浮かせる上で、自炊は大事になってきます。外食と比べれば、圧倒的に安価で済みますからね。しかし、私の料理スキルはあまり高くありません。それこそ、小学生レベルの料理スキルしかないと胸を張って言えます。

ですので、私の弁当は毎回卵とキャベツの炒め物とごはんです。それ以外は、目玉焼きにごはんとか、ひどい時になると醤油ごはんになります。それでもおいしいので継続することができます。

とはいえ、そんな料理だけでは飽きがくることがあります。そんな時は決まって卵かけご飯を食べるようにしています。卵かけご飯は、いくら食べても飽きが来ないので節約時の強い味方です。

また、飲料費も浮かせるよう努力しています。外出時は、必ず水筒を持っていくようにしています。中身は水道水です。日本の水道水は、高品質ですのでおいしいです。水道水のおいしさに気づくと、スーパー等で飲料水を買うのがもったいなく感じるようになりますよ。節約もできて水道水のおいしさにも気づくことができて一石二鳥ですね。

節約をすると決心したならば、さっそく自炊を、そして飲料水は水道水にしてみてはいかがでしょうか。

ホームベーカリーで節約健康食生活


欧州在住の30代主婦です。我が家ではかなり前から、店のパンは買ったことがありません。自宅でホームベーカリーを毎日使用し、自家製パンを食べているからです。

最初にホームベーカリーを導入することになった時は、かなり不安でした。使うのが難しそうだし、実際に食べておいしいものができるのかどうか、疑問に感じていました。ホームベーカリーの値段自体も安くはないので、ちょっとした賭けをした気でいました。

ですが一度味わってみると、ホームベーカリーは手放せなくなります。作りたてで添加物一切なしの味は、本当に滋味深いのです。そうして慣れていき、毎日作るようになれば、1年ほどでホームベーカリー機体に払ったお金は元が取れるほど。何しろ材料費が非常に安くつくので、購入するより一回一回のパン代がとても安上がりになるのです。そして、粉のバリエーションによってはまた異なった食感や味、さらに腹もちの違いが楽しめます。

実は私は以前、オーブンを利用して手ごねでパンを作ってもいました。ですがこのホームベーカリーの利便性を体感してからは、一度も手ごねに戻ったことがありません。まさに、節約健康生活のなくてはならないパートナーです。