私がしている貯蓄について書こうと思います。


私は、生まれた子供に初めて挙げたプレゼントがあります。それは通帳です。郵便局で子供名義の通帳を作りました。そして、今までいろいろな方からお祝い金などを頂いていますが、それは使わずに、子供用の通帳に貯金をしてあります。

一度にいただくお金が1万円とか結構大きい額を頂くことが多いので、あれよあれよという間にたまっています。お年玉も、本当は子供に何かを買ってあげるためにいただいているものですが、いただいたら使わずに貯金をしています。

そして子供にあげるプレゼントは親のお金からあげることにしています。これは、将来子供が自立するときに必ずお金が必要になると思うので将来を見越してのことです。私は子供には内緒でいて、成人して立派な社会人になれるときに話そうとは考えています。

おそらく毎年お年玉はどこへ行くの?と質問してくる年になってきたらばれるかもしれませんが、それまでは子供のために貯蓄をしていこうと考えています。

貯蓄は大事だと思います。もう少し溜まってきたら、運用もした方がいいと思いますが、子供の通帳なのでそういうことは自分の通帳でしようと思います。今はまだ子供が小さいですから、おじいちゃんおばあちゃんにもらったお金を大事に貯金したいと思います。

小さなことでもできることは行ってみる


子供二人が大きくなってくると食費がかかるようになるだけでなく水道代や電気代など、公共料金の支払い金額もかなり高くなり塾代や習い事代など、子供が小さなころよりもかなりお金がかかるようになってきました。これから子供たちが大学を卒業するまでにはさらにお金が多くかかるようになるのでできる限りの節約は行うようにしています。

子供たちが学校に行き主人が仕事に行き一人になった時には電気をこまめに消したり暖房は控えるなど小さなことでも必ず行うようにしています。また、暖房代がかかる冬も朝やお風呂上りにだけエアコンを使用しお友達が遊びに来ている時は床暖房を試用するなど暖房器具もそれぞれリビングにいる人数によって使い分けています。

公共料金の支払いも調べてみるとカード払いだと割引になったりお得なプランに入っておくと支払金額が安くなるので必ずお得なプランには申し込むようにしています。収入が増えないのに支払金額がどんどん増えていくため少しでも子供たちのためにも夫婦の老後のためにもできる限りの節約は必要だと思っているので外食の回数を減らしてみたり食料の買い出しはなるべくまとめてするなどして少しでも節約し貯金を増やせるように心がけています。