失業中に培った財布のひもを固く固定する方法


私は過去に何度か失業した経験があります。その度に如何にお金が出ていかないかを真剣に考えました。

仕事に就いている時は『お金があるけど時間が無い』状態なので、自然とお金は貯まっていきやすかったと思います。

ところが、失業中は『お金が無いけど時間はある』状態になり、求職活動を含め支出の調整をしないとお金を使い過ぎ貯金を食いつぶす恐ろしさがありました。

そこで、失業中に『外出日を極力控え、家にいる日を多くする』方法を考えました。

大体の企業は曜日は違えど週休二日制をとっているところが多かったと思うので、それをヒントに『外出二日制』という方法をとりました。

ただ、外出日を土日祝日だけにするわけにはいかないので、安定所に出向く日を軸に外出日を決めていました。

本来働いているはずの日は外出を控え、インターネットなどで求人情報を閲覧し、面接などの予定を在宅で立てるようにしていました。

そして、貴重な外出日に求職活動を中心に行動するようにしたのです。

すると、月末の請求額が今までの3分の1ほどに抑えることが出来ました。燃料代などの支出額が大幅に減ったのです。

しかも、インターネットをフル活用しタイミングよく求人情報を得ていたので、すぐに再就職する事も出来ました。

仕事やお金が無い時こそ、時間管理を徹底しお金を手元に残す方法を考えると、貯金はすぐに貯まっていきます。