食費の低減コンポーネント・炭水化物の食材を統制


今やある程度の縮小術をしていてどうしても削れなかった食費ですが、久々に3000円ほど節約することができました。
削ったのは「炭水化物のフード」だ。
炭水化物のフードは少ないので、切り捨ていてもなんとなく買ってしまう。
しかし減量のために炭水化物を制限しているうちに、ラフファッション取り除ける炭水化物のフードを結構買ってしまっていたことに気付いたのです。
例えば軽食。スナック菓子やせんべい群れ、クッキーなどおそらく炭水化物ですね。
肥えるし栄養として不要な賜物ばかりなので、軽食はベース買わず、おパーソンは他のフードで補うことにしました。
また、麺類もスクリーニングしました。住宅は麺フェチ家庭なので各種総数の麺類を買いこんでしまっていましたが、ホビーのために麺類を貰うのをやめました。撮影のきくインスタントラーメンとパスタのみ購入することにしたんです。
主食はベース白米+押麦。パンは短い食パンのみ。オフにパスタを食べ、忙しかったり体調不良でランチタイムの整備が面倒臭い一瞬のみインスタントラーメン、という感じで炭水化物を含めるようにしそれ以外はトータル排除したんです。
こうした箇所、原則3000円位節約することができたのでした。
思えば生麺スタイルの蕎麦やうどん、焼きそばなんて買ってたら簡単にウィーク500円以上いってしまう。
軽食も毎日78円の手提げ菓子を買ったら30太陽で2340円。
最適金額になっていたんですね。
炭水化物間柄フードをスクリーニングし不要なものを買わないようにすれば、縮小にも減量にもなり一石二鳥だ。

私のちっちゃな低減技術


私の節減企画をいくつかご紹介します。
新聞紙の折り込み訴求で色つやと二色刷りが残るときは、どうしても二色刷りの訴求から見ていきます。色つや訴求は元々大売り出しを講じる間隔が決められているので、いつもの大売り出し値段と迫る根付けが多いのですが、白黒などの二色刷りの訴求は、意外なものが安く大量に仕入れしたなど、急きょ発生する嬉しい買い得インフォメーションがあることが多いのです。他の訴求意味合いと見比べて、必要なものをいくぶん多めに買ったら、炊事や下ごしらえして冷凍しておきます。そうすると毎日の食事の提供にかかる時間が節減でき、ゆったりお茶を飲み込む余裕ができます。電気などは附けるときにもっとメーターが出るそうなので、取り扱う場合だけつけておいて、こまめには消さないようにしています。また、電気ポットは電気をあまり長期間消費するので使わず、やかんで必要なだけ沸かします。お風呂は2リットルのペットボトル複数かにお湯を入れて、湯船に浮かして容積高めして節水しています。誌や図書はライブラリーで借りて読みます。また話題の誌などは要請するとライブラリーの蔵書に加えて下さることもあるのでとことんお願いしています。節減は面白く積み重ねるのが一番です。