エアコンの電気代の節約について。


夏のエアコンは熱中症対策の面でもある程度は仕方ないと思いますが、サーキュレータを使って空気を循環させるだけでもかなり違ってきます。

設定温度を28度にしてもサーキュレーターを使うと涼しく感じられます。

可能であれば緑のカーテンなども作るとすずしくて、電気代節約になります。

冬のエアコンは夏よりも電気代がかかりますので、しっかり節約したいものです。

冬はエアコンではなく、こたつがおすすめです。

電気代の節約にもなりますし、家族がこたつのある部屋に集まってきますので、みんなで集まるだけでも部屋の空気も温まりますし、家族と団らんすることもできて一石二鳥です。

こたつの敷パットの下に断熱シートなどを敷いたり、掛け布団を厚くするだけでも温かさが長持ちするので節電になります。

こたつが無理でもひざ掛けを使用したり、ヒートテックなどの保温性のあるインナーを着たり、首や足首を温めるネックウオーマーやレッグウオーマーを身に着けるだけでも温かくなりますのでエアコンの使用を最小限にすることもできると思います。

日中はカーテンを開けて部屋に暖かい太陽の光を取り入れて、夜には早めにカーテンを閉めて保温することも大切です。

温かい食べ物や飲み物をとることも良いと思います。