ストック器を利用してストックをください。


現下100円会社に生じる缶の貯え箱があります。その缶を使うと中間の元金を取りだすには缶切りで空けなければならずいいと思います。
誰でも勤めると、1か月に1回以上はしっかりお金が押し寄せると思います。

なんでも良いので、お金を使って500円玉があれば、貯え箱に500円玉を入れて仕舞うことです。そうして行くうちに缶も重くなって来るしサウンドも低くなってきますので貯まってきている把握が湧いて来る。
元金を自分の財布と分ける結果、財布の中間の元金とは銘々というスピリットがはたらくので、財布の中にいらっしゃる元金で、かりに生活しようと始めるクセがつきます。
お金を使ってしまうと財布の中間がからになるまで、使い切って仕舞うヤツがいますが、この方法ならば、元金を使い切っても貯金してある元金は、現金の中から残ってくるので安心です。

500円玉が凄いなと想うヒトは100円玉でもいいと思います。まずは、少額でも貯えする癖をつけることが重要で、単価の問題ではないと思います。
小銭でも良いので、貯え箱に貯え講じる癖をつけて、最終的には、通帳の予算を増やせるようになれば良いですね。積み増したく繋がる金額が勝手に上がっていくので、そんなふうに繋がると貯え予算もぐんぐん貯まってくると思います。

貯蓄のコツ


効率よく貯蓄を行っていくためには、まず家庭のお金の流れを把握することが必要になってきます。

お金の流れを把握していなければ溜まるものも溜まらないでしょう。

何にお金を消費しているかを把握しましょう。

それを行った後に、何にお金が必要で何にお金が不必要かを分けていく事が大切になってきます。

必要最低限の家庭支出を把握出来たら、入ってくる収入に関して順番を変えてみるといいと思います。

入ってくる収入から支出を行い、余った金額を貯蓄に回すようなやり方ではいけません。

考えを逆にして、入ってくる収入からあらかじめ貯蓄分を抜き取り余った金額で生活を行う事が大切です。

それを行うためにはお金の流れを把握しておくことが必須になってきます。

お金を持ち歩かないことのススメ


世間では様々な「節約法」が溢れていますね、「こまめにコンセントを抜く」とか「冷蔵庫の配置を換えてみる」といった感じの節約方が流行っていますが

著者はどちらかといえばズボラなので、一日「100円単位から」結果が出るもの意外は気が進みません

で、たどり着いたのが「使用するお金以外は持ち歩かない」ということです

これを1ヶ月続けただけで、著者はとても効果を実感することが出来ました

詳しく説明をすると、まずは金庫を用意します、そして例えば「食パンを買いたい」と思ったなら、

「食パン代の110円」以外は金庫から持ち出さない

これだけです

そもそも何気に使用しているスーパーのディスプレイ一つ取ったとしても、消費者の購買意欲をそそるよう、緻密な計算の上で商品は配置されています

流れている音楽すらも心理学の観点が利用されているのです

(例えばスローな曲とアップテンポな曲で店内の潜在時間も変わるとされています)

有名な話ですが、コンビニやファミリーレストランでレジ前に商品を置くのも購買意欲を誘うための仕組みですね

つまり、一歩外に出た時点から、お店の門構えから店内のディスプレイまで、あらゆる誘惑が張り巡らされているということで

これらの「罠」を全て掻い潜ることは「至難の技」ではないでしょうか

仮にこれらの仕掛けが一つ100円、そして一日に一つ毎日「引っ掛かった」としたら

一月で3000円もの出費です、

「仕掛け」が一つ200円なら一月6000円、300円なら9000円!!

・・・ですので、家を出る前にそのとき使う金額を想定して紙に書き出してみてはいかがでしょう

そして、その合計金額「だけ」を持ち歩けば、それらの「罠」も回避できるのではないでしょうか。