USJをEパス無しで回る計画の為に


ユニバーサル・エクスプレスパス通称Eパス、USJに行った事がある人又はこれから行く計画を立てている人の中で聞いた事が無い人はいないのではないでしょうか。

有れば時間を有効に使う事が出来る事は言うまでもございませんが、如何せん高いですよね。

昨年彼氏とUSJに行った際に購入しましたがあまりの高さに驚きました、入場券と合わせて一万円越えてしまうのはかなり辛い所です。

有効活用できれば良いですが昨年行った際に平日に行った為あまり混雑しておらず持て余してしまいました。

事前に混雑の度合いが分かれば購入を避けるなり格下げするなり出来たのにと後悔しました。

1年の混雑予想は様々なガイドブックや個人サイトにありますが個々のアトラクションに対応している訳ではなく、全体をざっくり言っている程度です。

また毎年のように新アトラクションが登場しているので前年との比較が参考になる保証は無いのです。

では何を信じれば良いかと思っていた所昨日素晴らしいアプリを見つけました。

その名も「USJの待ち時間」というひねりの欠片も無い名前のアプリです。

こちらのアプリはアトラクションの現在の待ち時間だけで無く昨年の情報や昨日の情報まで遡って検索出来ます。

しかも公式アプリと違ってUSJの外に居ても情報が得られるのです。

さらには30分や一時間単位で待ち時間の情報が見られるので計画を立てるのに最適です。

しかも驚いた事にページが変わるのが非常に早くサクサク動くのでUSJ内でも活躍してくれる事でしょう。

無料なので是非計画でも当日にも使って頂きたいと思います。

ネットと貯蓄は欠かせないもの


節約にしても貯金にしてもネットのない時代は情報も限られていました。銀行員に金利を聞いたり、相談したり定期預金程度だったという人も多いのではないでしょうか。節約も自分の知り合いの口コミや雑誌、テレビ番組という受け身的な情報しかなかったのがインターネット時代になって自分で検索して調べることが簡単にできるようになりました。銀行口座の金利にしてもネットで一発で検索できます。一番高い金利の口座へネットで振り込めるので貯蓄とネットはもはや欠かせないといっていいと思います。

金利の計算も金額と金利と年数など期間を入れればいくらぐらい増えるか瞬時に計算してくれるサイトやページがありますし、そこから税引きの金額まで算出してくれるものまであります。何がどう有利なのかもインターネットで情報を集めることができてそれらを利用して貯金すれば効率的に貯蓄が増えていきます。貯蓄をするうえでインターネットで情報を集めマネーリテラシーを高めておくというのことは必須のことといえます。

ただしネット利用はセキュリティには気をつけておかなければいけません。それでも通常の銀行ならしっかりと管理されています。ネットでの被害を恐れるまえにしっかりと対策をとって貯蓄もうまくネットを活用していくほうが現実的な考え方といえるでしょう。

特に数千円以下の買い物は送料や交通費を考慮し節約を


特定の商品を購入したい時、価格サイトやネットショップのポータルサイトを使い、少しでも価格の安いお店を選ぶのはもはや常識と言えますが、これらのショップから購入する際に馬鹿にならないのはやはり送料。

送料別のショップとなると送料だけで500円以上掛かるのは当たり前であり、この差分だけ店頭売りの値段が高いとすれば、掛かるコストは同額となってしまいますから、わざわざ通販を選ぶ意味が無くなってしまいます。

特に数千円以下の価格の安い買い物に関しては、ショップごとの送料の有無をチェックする事は節約の為にも大変重要。また同じ商品で比較する際は、商品そのものの値段に加え、ネット通販における送料と、店頭売りを行っているショップにアクセスする交通費との差分も考慮し、その合計額が最も安いショップを選ぶのが自分にとってのベストとなっています。

また同じ商品においても新品ばかり注目する様な事はせず、かならず中古品についても入念なチェックは欠かせません。かつて新品で5,000円近くする帽子が欲しかった折、入念にチェックしていた身近なリサイクルショップにて幸運にも同じ中古モデルを発見し、僅か1,800円で購入する事が出来ました。

実に3,000円以上の節約が出来た訳で、程度も良く、この様に大変満足ゆく結果が得られるケースもあるのです。

プレゼントの節約


遠距離恋愛を始めて初めてのバースデープレゼントでお得なプレゼントの渡し方を見つけました。

 以前私は彼のご家族に地元名産の御菓子を贈りました、その時軽い煎餅の箱で1000円くらい送料がかかってしまいました。1000円となると軽い物を贈る事も出来ますし、プレゼントのランクを上げる事も出来ます。そう考えると送料はなかなかに手痛い物です、そんな送料を減らす方法はネット通販を利用する方法です。

 やり方はとてもシンプルで商品の送付先としてプレゼントを贈る相手の住所を登録し、そこに贈るだけです。この方法ですと送料無料の商品を選んだりまとめ買いで送料が無料になるようにすれば送料がかかりません。さらに通販会社によってはポイントも貰えてお得にプレゼントが出来ます。しかしながら気を付けなくてはいけないポイントがあります。

 まず商品の在庫状況によっていつ発送されるかわからない点です、まとめて同じ店舗で購入しても一つでも在庫が無いと全商品が遅くなってしまいます。そのためプレゼントを贈る際に届く前に相手に注文した事を先に伝えるようにします。またプレゼント用のラッピングは初期設定では出来ないのできちんと設定が可能であるかを確認し、設定しておく必要がございます。また、プレゼントに添える手紙は自分の言葉で綴った長い物は厳しいでしょう。私達はかなり頻繁に手紙を送り合うカップルなので、そこは寂しさを感じてしまいます。

 上手く使えば非常に安く使えますし、何より種類が豊富な所が素晴らしいと思います。

 

買わないことが最高の削減に陥る


近頃冷蔵庫が壊れたとお家から告知があり、姿を見にお家に行ってきました。
確かに冷凍庫の冷気が軽く、更に御法度になったかもしれないと思いました。
しかし最も驚いたのは、女が冷蔵庫の中に沢山のものを保全しすぎておるというポイントでした。
自分でも、何をどれくらい保存しているのかを正確には把握できないでおるみたいでした。
こういうことが無駄な浪費に達するのです。
短いからと言ってむやみやたらに買ってはいけません。
食物でもアパレルでも、買わないことが最高の削減になるのです。
例えば、アパレルなども、羽織ることもなくクローゼットの肥やしになっている衣服があるとするならば、それは無駄な消費をしたという事になるのです。
食物だって、低いからと言って買ってはみたものの、冷蔵庫のなかで悪くなってしまったり、冷凍庫の中で劣化してしまったら、それこそプラスのムダ。
取り敢えず、排除ができないような買い主はしてはいけないのです。
何時摂るか、何時使うか、何時きるかという事を正しく考えたうえで、何でも買わなければいけません。
そうすると、必然的に消費が減ります。
低く買ってちゃんと使い切る。使い切ってから次の物を貰う。アパレルや日道具ははなはだ着る製品、ちゃんと取り扱うものだけを買うように決める。
そうして消費を切り落とし蓄財は繰り返す事が出来るのです。