フリマアプリで不要品を売って貯蓄額が増えた


私は貯蓄額を増やすために休みの日を利用して、自分の身の周りにあるいらないものの中で売れるものはないかと見直してみました。

部屋の掃除がてら始めたことでしたが、気がつくといらないものの山ができていて、それをとりあえず数打ちゃ当たるといった勢いで、次々とフリマアプリに出品してみました。

すると、最初は売れるかわからなかったものも、丁寧に説明文を書いた成果もあったのか、意外にもすぐに売れました。

特に昔懐かしのゲームや人気漫画の全巻セット、有名アーティストのグッズなどは早ければ1分経たないうちに売れ、服や雑貨も少しずつ売れていったので、断捨離と同時にいい臨時収入になりました。

買い手に興味を持ってもらうために写真をなるべく綺麗に撮ったり、商品のタイトルなどにどれだけお得か、などの情報を組み込むことで購入率が上げることができました。

配送を自分でやらなければいけないのは少々面倒ではありましたが、売上の数字がすぐに反映されるのでやりがいに繋がり、気がついたら2ヶ月で5万円程稼ぐことができました。

いらないものも整理できて一石二鳥でした。

また、生活必需品などは逆にフリマアプリから購入することで、出費額を減らすことができ、結果的に貯蓄額の増加に繋げることができました。

携帯アプリを上手に使って賢く貯金!


節約術。よく特集される人気カテゴリーで主婦なら誰でも興味があると思います。私もその中の1人。少ない収入の中でいかに貯金に回すか。何を節約するか。

賢い人の節約術など沢山の記事を読んでは真似てみましたが結局上手く行かず。几帳面に家計簿をつけるのもダメ。一週間分のレシートを取っておいてまとめて管理もダメ。細かくカテゴリーを分けて予算を立てるのもダメ。そんな私が行き着いたのはアプリでした!出費項目はあらかじめプリセットされているし、カスタマイズも可能。月の収入を項目別に予算振り分けするだけ。

この時に大事なことは、逆算。一年でいくら貯金したいかを決めて、ボーナスなしとしてその金額を12で単純に割る。そこから出てきた毎月の貯金額は総収入から始めに引いておき、残額を項目別に振り分ける。そうすると必ず毎月決めた額が貯金される。

あとはアプリで支出があるたびに入力して、月の予算と残高を数字で確認すること。これはアプリならではでとても楽チンです!例えば買い物をしたらその場でレシートを見て支出を入力。わずか5秒足らず。この5秒を惜しむなかれ!夜に入力しよう。

一週間分まとめて入力しよう。なーんて絶対に続きません。体験談です。支出があればその場でアプリに入力。そして予算に対して今月はどのくらい残高があるのか。これを意識して見ると賢く無理なくお金が貯まります!

私がしている貯蓄について書こうと思います。


私は、生まれた子供に初めて挙げたプレゼントがあります。それは通帳です。郵便局で子供名義の通帳を作りました。そして、今までいろいろな方からお祝い金などを頂いていますが、それは使わずに、子供用の通帳に貯金をしてあります。

一度にいただくお金が1万円とか結構大きい額を頂くことが多いので、あれよあれよという間にたまっています。お年玉も、本当は子供に何かを買ってあげるためにいただいているものですが、いただいたら使わずに貯金をしています。

そして子供にあげるプレゼントは親のお金からあげることにしています。これは、将来子供が自立するときに必ずお金が必要になると思うので将来を見越してのことです。私は子供には内緒でいて、成人して立派な社会人になれるときに話そうとは考えています。

おそらく毎年お年玉はどこへ行くの?と質問してくる年になってきたらばれるかもしれませんが、それまでは子供のために貯蓄をしていこうと考えています。

貯蓄は大事だと思います。もう少し溜まってきたら、運用もした方がいいと思いますが、子供の通帳なのでそういうことは自分の通帳でしようと思います。今はまだ子供が小さいですから、おじいちゃんおばあちゃんにもらったお金を大事に貯金したいと思います。

とにかく出費を抑えることが大事です。


節約で最も大事なことは、当然のことながらどれだけ出費を抑えられるかに掛かっています。出費を抑えることは給料を上げると等しいことだからです。なかなか給料が上がらないご時世でもありますので、出費を抑えることを努力したほうが現実的です。

塵も積もれば山となると言うように1日は大したことがなくても年間を通してみると非常に大きな出費になっていることは多々あります。私の体験談ではありますが、私は以前、毎日のように缶コーヒーを2、3本飲んでいました。それも自動販売機で当たり前のように買っていましたので、1日当たり260~390円の出費になります。平均で300円とした場合、300円×365日で109,500円の年間での出費となります。

実際に計算をしてみるとかなりの金額で唖然としました。私はすぐに量販店で750mlで片手で飲める水筒を購入し、自宅で麦茶やウーロン茶などを作り入れて飲むようにしています。自分の財布のお金が増えるわけではありませんので実際に効果は感じづらいですが、そろそろお金を下ろそうかと財布を見ると「以外にまだあるな。」と感じるようになりました。

それから、携帯電話のキャリアを変更して月々の支払を抑えるようにしたり、他の出費を抑えるようにつとめたり、缶コーヒーをやめてから節約の意識が非常に上がったように感じます。

ダイソーのお店の500円貯金箱


かねがね貯蓄に回すお金をどうしたら捻出出来るかと考えていましたが中々難しい事でした。ある日ダイソーのお店に行った時可愛い雑貨や飾り物が多くある中に本らしい型の物を見つけなんだろうと手に取って見ると五百円貯金が毎日差し込むだけというチョット興味惹かれるものでした。

節約と言っても一日五百円です。出来るだろうかという思いもありめしたが思い切って100円だからとかいました。家に帰って100円だからって買っで来たこの買い方から節約、貯蓄捻出が出来ると貯金箱を買って教えられました。財布の中を見ると500円玉が有りません。

こんな時どうしたらいいのか、やっぱり面倒だと一瞬思い100円がもったいなかったと自分で一人笑いしていました。2日後主人が小銭を整理しておいてくれとじゃらじゃらと多く財布に入っていたのを出した時500円玉が出て来ました。あったと思い買って来た500円貯金箱に差し込みました。

不思議なもので一度入れると毎日いるたくなります。買い物の折にはお釣りがくるのを500円になる様レジで出す様計算することにしました。

ときには不思議な顔で見られた事もありましたが500円貯金が一ヶ月15000円なんと一年180000円。額を考えるともっと早くたかが100円ということから500円貯蓄がなんと一年こんなに貯まるんだと改めてチリも積もればだなあとかんじて500円貯金に励んでいます。以外にも500円の金額は苦にならないと思っています。