蓄財は銀行ばかりに預けないで…


貯えを確実にするためには、先ず年俸(コミッション)の仲間いくらを生活費に回し、いくらを貯えにまわすという総計を明確にすることが大事だ。具体的な数を設定しないと、代価を起こるだけ使ってしまうことになり、いつまでたってもお金が貯まらないと思います。限られた代価のなかでやりくりすることにより、各種縮小コツも生じるし、我慢することが必要だと認識することができると思います。
次に、貯えにおいて大事なことは、年間の差引予想を把握しておくことが重要であると思います。愛車を持っていれば、車検や税、在宅などの不動産を所有していれば、既存利益税金など、毎年決まったお金が出歩くことになると思います。そういう需要をお先に把握しておくことにより、事前に代価を確保しておくことができるようになり、たちまちお金が足りないといって騒ぐことも無くなると思います。
次に大事だと思われるのは、節約する尽力だ。いらっしゃるだけお金を使ってしまっては、代価は貯まりません。食費、光熱費、一報費などを節約するコツが世間にはあふれてある。そんな風説を取り込みし、実社会で活用して出向くことが、貯えのためには必要だと思います。

日用品を上手く節約する事で、上手なお金の使い方が出来ます。


毎日生活するにも、日用品の贅沢な使い方をしない事が必要と思います。

ご家庭では、日用品を多く使っての生活をするものです。

日用品の上手く使う事で、一か月分の日用品代は節約できるものだと感じております。

この最近私が強く感じた事で、実践したことがあるのです。

脇へのデオドラント商品であるロールタイプのものも、出口までしか上手く使う事ができません。

私は使えない部分がとても、もったいないと思い使い切っていない二つ分の残りである中身を取り出しました。

指で取り出す行為をしたわけなのですが、二つ分ですのでかなりのりょうと感じました。

10回分はあると思い、上手く節約出来た気持ちがしました。

他の日用品である歯磨き粉なども、最後はハサミで切り取り残さないで使い切る事をするのです。

毛染め・トリートメント等においても必ず最後まで使い切る行為をするために、はさみで切ります。

私は買う際には日用品代も、かなり掛かるものと感じているからです。

こんなけちくさい事をする自分に対して、驚くと同時に関心するるものです。

でも私は一人暮らしとなり、生活には日用品代の割合が多くしめていると思うからです。

また父が生きていた頃に、父から学んだかまぼこを節約する食べ方があります。

それはかまぼこの板についた身を残さない事です。

少しでも身を残してたら、父に注意をされていたのです。残る薄いところまでもとりきるのです。

その位の節約と思うかもしれないのです、この様な事まで節約する精神をもつ事が、生活の他の箇所へと上手くお金をまわす事ができます。

節約には固定費の見直しが一番!


昨年末より家計の見直しを実施しています。
3ヶ月ほど全ての支出を家計簿に記載し、何が一番家計を圧迫しているのかを分析した結果、携帯電話料金や電気代などの固定費がかかり過ぎている事に改めて気付きました。
そこで、先ず家族4人の携帯電話のうち2台分を格安SIMの契約に変更したところ、それまで2台15,000円程かかっていた料金が2台で3,500円以内に!
次に、電気料金がかなりかかっていたので、契約していたアンペア数を落とし、更に電力会社を変更し夜間の電気代が安くなる契約に変えたところ、前年同月より10,000円程料金が安くなりました。
たった2つの契約を変更するだけで月に約20,000円(年間約240,000円)も節約する事に成功しました。

格安SIMと電力会社を変更する際にどの様な点を考慮すればいいのか…
正直、調べれば調べるほど混乱して選べなくなってしまったので、各社のホームページにアクセスし、「この会社と契約した場合の自分にとってのメリットは何か。」
この一点だけに重点を置いて比較検討しました。

格安SIMの場合はショッピングなどで貯まるポイントが携帯電話料金にも使える会社があります。
電力会社にも、ガソリン代が安くなるなどのサービスがありますので、自分にとって何がメリットになるのかをしっかり把握した上で、契約会社の変更をお勧めします。