特に数千円以下の買い物は送料や交通費を考慮し節約を


特定の商品を購入したい時、価格サイトやネットショップのポータルサイトを使い、少しでも価格の安いお店を選ぶのはもはや常識と言えますが、これらのショップから購入する際に馬鹿にならないのはやはり送料。

送料別のショップとなると送料だけで500円以上掛かるのは当たり前であり、この差分だけ店頭売りの値段が高いとすれば、掛かるコストは同額となってしまいますから、わざわざ通販を選ぶ意味が無くなってしまいます。

特に数千円以下の価格の安い買い物に関しては、ショップごとの送料の有無をチェックする事は節約の為にも大変重要。また同じ商品で比較する際は、商品そのものの値段に加え、ネット通販における送料と、店頭売りを行っているショップにアクセスする交通費との差分も考慮し、その合計額が最も安いショップを選ぶのが自分にとってのベストとなっています。

また同じ商品においても新品ばかり注目する様な事はせず、かならず中古品についても入念なチェックは欠かせません。かつて新品で5,000円近くする帽子が欲しかった折、入念にチェックしていた身近なリサイクルショップにて幸運にも同じ中古モデルを発見し、僅か1,800円で購入する事が出来ました。

実に3,000円以上の節約が出来た訳で、程度も良く、この様に大変満足ゆく結果が得られるケースもあるのです。

プレゼントの節約
ネットと貯蓄は欠かせないもの