500円貯金 成功の秘訣とは?


特定の貨幣だけを貯金するやり方ってありますよね。
例えば、100円玉を毎日貯金する100円玉貯金や、必ず10円玉は使わずに貯金する10円玉貯金。やり方や貨幣の値段は人によって様々です。今回はその中でも500円貯金にフォーカスしたいと思います。

中々500円玉って出てくる機会がありませんよね。小銭を普段多めに持っている人ならば、100円単位でお釣りを貰うことが多いのではないでしょうか。
実際に私の友人も500円玉貯金を3ヶ月ほどやっていましたが、結果は3000円ほど、とあまり芳しくはないものでした。

このような事態を防ぐためには、普段から小銭を使わないように意識することや、そもそもあまりお金を使わないように意識することが挙げられます。

例えば、1000円を出すときに400円と600円のものがあったとしたら必ず400円のものに手を出すことによってお釣りを500円玉でもらうなど、やり方は沢山あるでしょう。

500円玉だけで、貯金するのは相当長い期間貯金しておかないと、貯めたあとの幸福感は少ないでしょう。
普段の貯蓄や節約にも1番必要なものですが、重要なのは何事も我慢する忍耐力なのでしょう。
忍耐力をもってして、500円貯金を頑張りましょう。

私のちっちゃな低減技術


私の節減企画をいくつかご紹介します。
新聞紙の折り込み訴求で色つやと二色刷りが残るときは、どうしても二色刷りの訴求から見ていきます。色つや訴求は元々大売り出しを講じる間隔が決められているので、いつもの大売り出し値段と迫る根付けが多いのですが、白黒などの二色刷りの訴求は、意外なものが安く大量に仕入れしたなど、急きょ発生する嬉しい買い得インフォメーションがあることが多いのです。他の訴求意味合いと見比べて、必要なものをいくぶん多めに買ったら、炊事や下ごしらえして冷凍しておきます。そうすると毎日の食事の提供にかかる時間が節減でき、ゆったりお茶を飲み込む余裕ができます。電気などは附けるときにもっとメーターが出るそうなので、取り扱う場合だけつけておいて、こまめには消さないようにしています。また、電気ポットは電気をあまり長期間消費するので使わず、やかんで必要なだけ沸かします。お風呂は2リットルのペットボトル複数かにお湯を入れて、湯船に浮かして容積高めして節水しています。誌や図書はライブラリーで借りて読みます。また話題の誌などは要請するとライブラリーの蔵書に加えて下さることもあるのでとことんお願いしています。節減は面白く積み重ねるのが一番です。

パッケージ割りなどに迷わされる項目なく必要なサービスを吟味して最安を選択する事が減少のポイントです


通信費の生活に占める比が高すぎると、政府も上達をミーティングする状況になっています。確かに、スマホの出現で通信費はもっと高くなっています。みんなに、こういう大きいお金を取入れやすくするために、通信事務所は様々なパッケージ割りなどを用意しています。しかし、これは瞳くらまし類であり、先方は自分にとって必要なもてなしか否かを規則正しく考えてサービスを選択すべきです。
外でWEB共鳴は実に仕事か?サウンドも見ないのに、WEB回線は光通信でなければならないのか?もてなしヒストリーが自分にとって、過剰です事が数多く、以下にパッケージ割りなどを利用しても、ガラケーのお金よりはアップしますし、ADSLのお金よりはアップします。それぞれのもてなしの要請と、それぞれのもてなしの最安を選択する事が、まさに節約するポイントです。
また、政府が通信費に関与するのはおかしいというミーティングもありますが、外国の多くでは電波は入札で通信事務所が高額で権を購入していますが、日本では無料で権を与えられていらっしゃる。これを決めたのが政府なのですから、多少関与する必要がやっぱりあると言えるでしょう。
間もなく電力が全部解禁され、電力と様々なサービスを組み合わせたパッケージ割りが出現するでしょう。そういったもてなしに迷わされると、一段と起用が困難になり、節減どころか巨額もてなしに参入しかねません。パッケージ割りなどでお客様を取り囲むのではなく、本当にもてなしのお金を引き下げる苦労を各産業にはお願いしたいものです。

毎月使うお金の金額を決めておく!


私は、学生でアルバイトをしていますが、社会人の方よりかは全然稼げません。自由に使えるお金もあまり多い方ではありませんが、毎月使う金額を決めてお金をやりくりしていくことで、少しずつでも貯金はできるのでオススメです!

私は給料日が25日なので、給料日からスタートすると、日にちが少しややこしくて嫌なので、1日スタートにしますが、1日に今月は4万円自由に使えるお金にしよう!と、決めます。

単純計算だと、1週間1万円に抑えれれば、一ヶ月4万円で乗り切れられます。これが、難しかったりしますが。。あとは、決めた金額を先に銀行で降ろしておいて、今月使うお金を家に置いておきます。そうすることで、残り何円かが目に見えるのでどれだけ自分がお金を使ってしまっていたかが分かりやすいです。

また、こまめに銀行でお金をおろしてしまうと、今月何円使っているのかが、私は分かりづらくなってしまうので先におろしておきます。遊びに行っている時などは、あまりけちらずに楽しむためにはお金を使いますが、1人でいる時のコンビニなどの買い物は実際、あまり必要のないものなども買ってしまうことが多いので、そう言うところの無駄遣いを減らして行けば少しずつでもお金は溜まっていくと思います。

不用品で お小遣い稼ぎ


我が家は、転勤が多く、

引越しも既に10回を超えました。

その度に 断捨離!

と、思って 荷物整理をするのですが

結局ダンボールを開けないまま

次の転居先へ持っていく。。

なんていうことも、何度ももあります。

今回、4月の引越しを機に

気合を入れて

要始末を決意!

我が家は五人家族なのですが

衣類と書籍

そして食器がとにかく多いのです。

一時、アパレルの仕事をしていたせいもあり

買いまくった洋服の数々、

それに合わせた靴や小物たち。。

本屋に行くたびに数冊買い込む癖のある夫は

ダンボール7箱分の本の山。

引き出物のお皿などは、

入りきらないほどあるのに

全く使っていない状態。

まず、ブランドの服、靴、小物、食器は

ブランド買取専門業者へ。

ダンボールを荷物を詰めて

査定に出します。

もちろん 配送料はタダ。

つけられた値段に不服があれば

また無料で送り返してくれます。

ここで 高値のついたものは

買い取りをお願いしました。

ブランド品でないものは、

ネットのフリマへ出品。

こんな物、売れるかな?

なんていう予想外のものが

あっという間に売れたりして

こちらは楽しみながら

小銭を稼ぎました。

書籍は、ネットのフリマと

とにかく量が多いので

自宅まで査定に来てもらって買い取り。

ほとんど値段がつかないようなものも ありましたが

それでもカフェでランチできるくらいには

なりました。

家の中も

かなりスッキリして

この一ヶ月の 断捨離対策で

懐に30000円位

臨時収入として入って来ました!

小さなことでもできることは行ってみる


子供二人が大きくなってくると食費がかかるようになるだけでなく水道代や電気代など、公共料金の支払い金額もかなり高くなり塾代や習い事代など、子供が小さなころよりもかなりお金がかかるようになってきました。これから子供たちが大学を卒業するまでにはさらにお金が多くかかるようになるのでできる限りの節約は行うようにしています。

子供たちが学校に行き主人が仕事に行き一人になった時には電気をこまめに消したり暖房は控えるなど小さなことでも必ず行うようにしています。また、暖房代がかかる冬も朝やお風呂上りにだけエアコンを使用しお友達が遊びに来ている時は床暖房を試用するなど暖房器具もそれぞれリビングにいる人数によって使い分けています。

公共料金の支払いも調べてみるとカード払いだと割引になったりお得なプランに入っておくと支払金額が安くなるので必ずお得なプランには申し込むようにしています。収入が増えないのに支払金額がどんどん増えていくため少しでも子供たちのためにも夫婦の老後のためにもできる限りの節約は必要だと思っているので外食の回数を減らしてみたり食料の買い出しはなるべくまとめてするなどして少しでも節約し貯金を増やせるように心がけています。

毎日の支出の向上


僕は3年頃ほど前部、ディーラーのチェンジにより無休職業から事務職に配転となり、
報酬が下がってしまいました。
初めのうちは、すごく暮らしを取り換えることもなく、それまでとおんなじ度合いで
生活をしていました。
しかし、おんなじ度合いで生活を送っていると、月々の返済がギャラを越えることも多くなり、
これではまずいと願い削減を設けることにしました。
先ず取り掛かったのは、昼めし料金の削減だ。
削減前までは、ディーラー近くの定食屋で食事をすることが多く、毎日7,800円ほどの返済を
していました。
これを終わり、ぜひ自宅で弁当を作って導くようにし、弁当を持っていけなかったときは
コンビニでおにぎりやパンを購入し返済を極力燃やすように噛みしめるようにしました。
それだけで、月1万円ほどの削減になっています。
更に、気をつけているのは飲みの手引きを突っぱねる瞬間を設けるようにしました。
これまでは、誘われたら準備がつかないタイミング以外は皆参加するようにしていました。
入り用の人付き合いもあるので、無下に撥ね付けることは実に出来ませんが、一月単位で飲みに誘われる機会が
多いときなどは、拒否することにしました。
断りすぎると誘われなくなるので、行きと突っぱねるときの配分が難しいですが、辛いときは
賢く断わるようにしています。
これにより、財貨のことを何も考えることなく過ごしていたタイミングより返済が半分くらいになりました。
行く先へのストックもしたいので今後も余裕ように続けていく腹積もりだ。

100円と500円硬貨で貯蓄をしています


私の貯蓄方法は、100円玉と500円玉を集めることです。積立貯金などをすればよいのでしょうが、年金生活では積み立てるのではなく、貯蓄を切り崩すことが多くなります。何とか負担にならないようにしながら貯蓄する方法はないかと思っていました。そこで、考えたのが小銭を集めることでした。

集めるものは硬貨ですが、50円以下ですとなかなかまとまった金額になりません。そこで、7×7×15cmくらいの貯金箱に100円玉と500円玉を入れて貯蓄することにしました。貯金箱に入れるのは、買い物でおつりをもらった時と財布の小銭入れが膨らんだ時に限定しました。また、500円玉は1回に1枚としました。財布に2個ある時もありますが、全部入れてしまうと日常の買い物に影響が出るかもしれないということが理由です。また、100円玉は財布の中に常に3枚は残して、余分なものを貯金するようにしています。

この方法ですと貯金箱に入るのは不定期になってしまいますが、いつの間にか溜まっていきます。100円玉の方が多くなってしまいますし、時々、両替用に使うこともありますが、それでも貯金箱の半分くらいになると確実に数万円になります。大きな買い物はできませんが、普段、期待していないので思わぬ臨時収入ということになります。

夏を乗り切れ! 夏のエアコンを使わないの生活!


夏は一日中エアコンが必要な時がありました 外は暑い!お部屋は快適! だけどお財布や体が冷えそう そこで夏に使えるエアコン使わなくていいかも!というアイデアを提出させていただきます。

1. 打ち水

打ち水は昔からある昔ながらの知恵です 朝夕の日が高くない時に庭や舗装されていない道路に水をまきます 朝夕の気温が低い所にまく事で効果を長持ちさせます お昼にやっては駄目なの?という考えもあると思います しかし、日の高い時に打ち水をしたら水が蒸発してしまいます そうなると逆に暑くなってしまいます もし打ち水をするのであれば効果があって欲しいです

2.水に足をつける

気分がリフレッシュしますし 冷たくて気持ちが良いのでオススメです つけ終わったあとそのまま流すのは勿体ない!という方は 昼過ぎに足をつけてリフレッシュした後、日が落ちたら打ち水をするという方法があります リフレッシュ出来て涼しくなれて一石二鳥だと思いませんか? 川に行ってつけても良いですね!

3.すだれ

皆さんグリーンカーテンは聞いたことがある方が多いと思います。ゴーヤやヘチマが出来たら美味しいですよね でも、グリーンカーテンを作る余裕が無い! という方にオススメ すだれを今回は紹介します すだれは簾という材料で作られていて 目隠し 日除け 虫除け と言った効果を出してくれます。日の当たる時間帯に閉めておいて 涼しい時間には開けておくといい感じです ホームセンターなどで売っています

さっと紹介しましたがいかがでしたか? 電気代の節約に使えたら幸いです 皆さまのお役に立つことを願っております

節約の基本は、家計の見直しから


家計のために節約を、と考えて実行している人は意外と多くいると思いますが、実効性のある節約をしている人は少ないと思います。試しに「節約できてる?」と聞いてみるとあまりできていないという答えが返ってくることが多く感じます。

節約と聞いてイメージするのが、こまめに電気を消す、冷房や暖房の設定温度という節約効果が少ないものに節約をしても、チリが積もって山となるまでの時間が途方もなくかかり、途中で挫折ということもありそうです。節約効果が一番高いのは固定費の見直しです。

住居費、保険料、携帯代などの通信費などが効果のある見直しです。その次に食費やお小遣いなどですね。ここまで節約というと、使わない、我慢するといったイメージがありますが、家計の見直しがないと中々節約効果が表れません。そして忘れてはならないのが、暖房や冷房などです。エアコンで冷暖房を賄っている場合、よく聞くのが、8畳の部屋に6畳用の容量の小さいエアコンで賄おうとしている人が意外と多いです。

これは節電どころか、機能マックスで、電気代もマックス。しかも冷えない、暖まらないのです。それで足りないので、更に…余計に電気代がかかる負のスパイラルに陥ります。そして更に、フィルターの清掃をする事でフル稼働が可能になるのですが、それすらもしていなければ、電気代の節約が動かすほどに効かないために無駄遣いということにもなります。