携帯アプリを上手に使って賢く貯金!


節約術。よく特集される人気カテゴリーで主婦なら誰でも興味があると思います。私もその中の1人。少ない収入の中でいかに貯金に回すか。何を節約するか。

賢い人の節約術など沢山の記事を読んでは真似てみましたが結局上手く行かず。几帳面に家計簿をつけるのもダメ。一週間分のレシートを取っておいてまとめて管理もダメ。細かくカテゴリーを分けて予算を立てるのもダメ。そんな私が行き着いたのはアプリでした!出費項目はあらかじめプリセットされているし、カスタマイズも可能。月の収入を項目別に予算振り分けするだけ。

この時に大事なことは、逆算。一年でいくら貯金したいかを決めて、ボーナスなしとしてその金額を12で単純に割る。そこから出てきた毎月の貯金額は総収入から始めに引いておき、残額を項目別に振り分ける。そうすると必ず毎月決めた額が貯金される。

あとはアプリで支出があるたびに入力して、月の予算と残高を数字で確認すること。これはアプリならではでとても楽チンです!例えば買い物をしたらその場でレシートを見て支出を入力。わずか5秒足らず。この5秒を惜しむなかれ!夜に入力しよう。

一週間分まとめて入力しよう。なーんて絶対に続きません。体験談です。支出があればその場でアプリに入力。そして予算に対して今月はどのくらい残高があるのか。これを意識して見ると賢く無理なくお金が貯まります!

私がしている貯蓄について書こうと思います。


私は、生まれた子供に初めて挙げたプレゼントがあります。それは通帳です。郵便局で子供名義の通帳を作りました。そして、今までいろいろな方からお祝い金などを頂いていますが、それは使わずに、子供用の通帳に貯金をしてあります。

一度にいただくお金が1万円とか結構大きい額を頂くことが多いので、あれよあれよという間にたまっています。お年玉も、本当は子供に何かを買ってあげるためにいただいているものですが、いただいたら使わずに貯金をしています。

そして子供にあげるプレゼントは親のお金からあげることにしています。これは、将来子供が自立するときに必ずお金が必要になると思うので将来を見越してのことです。私は子供には内緒でいて、成人して立派な社会人になれるときに話そうとは考えています。

おそらく毎年お年玉はどこへ行くの?と質問してくる年になってきたらばれるかもしれませんが、それまでは子供のために貯蓄をしていこうと考えています。

貯蓄は大事だと思います。もう少し溜まってきたら、運用もした方がいいと思いますが、子供の通帳なのでそういうことは自分の通帳でしようと思います。今はまだ子供が小さいですから、おじいちゃんおばあちゃんにもらったお金を大事に貯金したいと思います。

とにかく出費を抑えることが大事です。


節約で最も大事なことは、当然のことながらどれだけ出費を抑えられるかに掛かっています。出費を抑えることは給料を上げると等しいことだからです。なかなか給料が上がらないご時世でもありますので、出費を抑えることを努力したほうが現実的です。

塵も積もれば山となると言うように1日は大したことがなくても年間を通してみると非常に大きな出費になっていることは多々あります。私の体験談ではありますが、私は以前、毎日のように缶コーヒーを2、3本飲んでいました。それも自動販売機で当たり前のように買っていましたので、1日当たり260~390円の出費になります。平均で300円とした場合、300円×365日で109,500円の年間での出費となります。

実際に計算をしてみるとかなりの金額で唖然としました。私はすぐに量販店で750mlで片手で飲める水筒を購入し、自宅で麦茶やウーロン茶などを作り入れて飲むようにしています。自分の財布のお金が増えるわけではありませんので実際に効果は感じづらいですが、そろそろお金を下ろそうかと財布を見ると「以外にまだあるな。」と感じるようになりました。

それから、携帯電話のキャリアを変更して月々の支払を抑えるようにしたり、他の出費を抑えるようにつとめたり、缶コーヒーをやめてから節約の意識が非常に上がったように感じます。

ダイソーのお店の500円貯金箱


かねがね貯蓄に回すお金をどうしたら捻出出来るかと考えていましたが中々難しい事でした。ある日ダイソーのお店に行った時可愛い雑貨や飾り物が多くある中に本らしい型の物を見つけなんだろうと手に取って見ると五百円貯金が毎日差し込むだけというチョット興味惹かれるものでした。

節約と言っても一日五百円です。出来るだろうかという思いもありめしたが思い切って100円だからとかいました。家に帰って100円だからって買っで来たこの買い方から節約、貯蓄捻出が出来ると貯金箱を買って教えられました。財布の中を見ると500円玉が有りません。

こんな時どうしたらいいのか、やっぱり面倒だと一瞬思い100円がもったいなかったと自分で一人笑いしていました。2日後主人が小銭を整理しておいてくれとじゃらじゃらと多く財布に入っていたのを出した時500円玉が出て来ました。あったと思い買って来た500円貯金箱に差し込みました。

不思議なもので一度入れると毎日いるたくなります。買い物の折にはお釣りがくるのを500円になる様レジで出す様計算することにしました。

ときには不思議な顔で見られた事もありましたが500円貯金が一ヶ月15000円なんと一年180000円。額を考えるともっと早くたかが100円ということから500円貯蓄がなんと一年こんなに貯まるんだと改めてチリも積もればだなあとかんじて500円貯金に励んでいます。以外にも500円の金額は苦にならないと思っています。

節約はストレス溜めず、賢く楽しく!~共働き夫婦の節約方法~


うちは共働きで、お金の管理は私がしています。

よく人から、お金のやりくりとかってどうしてるの?生活費とかどうやって出し合ってるの?と聞かれるので、ここで簡単にまとめたいと思います。

【生活費ってどうしてるの?】

生活費はお互いの給料からそれぞれ引き出して一つの財布に入れます。

(これをうちでは共用費と言っています)

うちの場合、1万5千円ずつとって3万円を共用費にしています。

そして食費、光熱費、消耗品など、2人の生活に関するものはここから出します。

大体3万の内1万は光熱費で2万は食費としています。

【デートでも節約】

デートでももちろん節約します。

デートで節約なんてつまらない?いえいえそんなことありませんよ!

なぜなら何かを我慢したりするわけではないですからね。

行きたいところ食べたいもの、やりたいことは一切我慢せず、工夫次第で安く楽しむことができるのです。

その方法を紹介したいと思います。

1、フリマアプリやチケットショップの活用

みなさんはデートといったらどこに行きますか?

映画館や遊園地、これからの時期はイルミネーションなんかも楽しみですね。

最近寒くなってきたので、スーパー銭湯でゆっくりなんてのも良いと思いませんか?

こういったレジャーなんかは大体チケットがあります。

そしてそのチケットを通常より安く手に入れられるのがフリマアプリやチケットショップなのです。

私は今年の夏デートで遊園地に行きました。乗り物乗り放題とプールも入れて、2人で定価1人分の値段で遊ぶことができました。

次のデートはここに行きたい!と思ったら、まずそのチケットがないか調べてみましょう。

2、行きたい場所のホームページは必ず確認

例えば飲食店でもレジャー施設等でも、ホームページを見てみると割引情報等が載っていることがあります。

動物園や公園なんかは、入場料が無料の日なんかもあるのでチェックしてみるといいでしょう。

飲食店ではホームページ見た人限定でプレゼントがあったり、曜日や時間によってサービスがあったりなどのお得な情報があるので、是非核確認してみてください♪

【お買いものはネットが安い】

物によりますが生活に必要なものは店頭で買うよりもネットショップの方が安い場合があります。

私は靴下をネットショッピングで4足300円で買いました。

ちなみに今妊活中なのですが、妊活グッズもネットで買った方が安いものがあり、とても節約になります。

何か買い物をするときは、レジに行く前に一度ネット検索することをおすすめします。

以上、私が実際にやっている節約の方法でした!

私は節約するのが趣味みたいなもので、人によってはストレスがたまるかもしれません。

節約は楽しくするのが一番だと思うので、自分に合った節約の方法をみつけてみてください♪

蓄財は銀行ばかりに預けないで…


貯えを確実にするためには、先ず年俸(コミッション)の仲間いくらを生活費に回し、いくらを貯えにまわすという総計を明確にすることが大事だ。具体的な数を設定しないと、代価を起こるだけ使ってしまうことになり、いつまでたってもお金が貯まらないと思います。限られた代価のなかでやりくりすることにより、各種縮小コツも生じるし、我慢することが必要だと認識することができると思います。
次に、貯えにおいて大事なことは、年間の差引予想を把握しておくことが重要であると思います。愛車を持っていれば、車検や税、在宅などの不動産を所有していれば、既存利益税金など、毎年決まったお金が出歩くことになると思います。そういう需要をお先に把握しておくことにより、事前に代価を確保しておくことができるようになり、たちまちお金が足りないといって騒ぐことも無くなると思います。
次に大事だと思われるのは、節約する尽力だ。いらっしゃるだけお金を使ってしまっては、代価は貯まりません。食費、光熱費、一報費などを節約するコツが世間にはあふれてある。そんな風説を取り込みし、実社会で活用して出向くことが、貯えのためには必要だと思います。

日用品を上手く節約する事で、上手なお金の使い方が出来ます。


毎日生活するにも、日用品の贅沢な使い方をしない事が必要と思います。

ご家庭では、日用品を多く使っての生活をするものです。

日用品の上手く使う事で、一か月分の日用品代は節約できるものだと感じております。

この最近私が強く感じた事で、実践したことがあるのです。

脇へのデオドラント商品であるロールタイプのものも、出口までしか上手く使う事ができません。

私は使えない部分がとても、もったいないと思い使い切っていない二つ分の残りである中身を取り出しました。

指で取り出す行為をしたわけなのですが、二つ分ですのでかなりのりょうと感じました。

10回分はあると思い、上手く節約出来た気持ちがしました。

他の日用品である歯磨き粉なども、最後はハサミで切り取り残さないで使い切る事をするのです。

毛染め・トリートメント等においても必ず最後まで使い切る行為をするために、はさみで切ります。

私は買う際には日用品代も、かなり掛かるものと感じているからです。

こんなけちくさい事をする自分に対して、驚くと同時に関心するるものです。

でも私は一人暮らしとなり、生活には日用品代の割合が多くしめていると思うからです。

また父が生きていた頃に、父から学んだかまぼこを節約する食べ方があります。

それはかまぼこの板についた身を残さない事です。

少しでも身を残してたら、父に注意をされていたのです。残る薄いところまでもとりきるのです。

その位の節約と思うかもしれないのです、この様な事まで節約する精神をもつ事が、生活の他の箇所へと上手くお金をまわす事ができます。

節約には固定費の見直しが一番!


昨年末より家計の見直しを実施しています。
3ヶ月ほど全ての支出を家計簿に記載し、何が一番家計を圧迫しているのかを分析した結果、携帯電話料金や電気代などの固定費がかかり過ぎている事に改めて気付きました。
そこで、先ず家族4人の携帯電話のうち2台分を格安SIMの契約に変更したところ、それまで2台15,000円程かかっていた料金が2台で3,500円以内に!
次に、電気料金がかなりかかっていたので、契約していたアンペア数を落とし、更に電力会社を変更し夜間の電気代が安くなる契約に変えたところ、前年同月より10,000円程料金が安くなりました。
たった2つの契約を変更するだけで月に約20,000円(年間約240,000円)も節約する事に成功しました。

格安SIMと電力会社を変更する際にどの様な点を考慮すればいいのか…
正直、調べれば調べるほど混乱して選べなくなってしまったので、各社のホームページにアクセスし、「この会社と契約した場合の自分にとってのメリットは何か。」
この一点だけに重点を置いて比較検討しました。

格安SIMの場合はショッピングなどで貯まるポイントが携帯電話料金にも使える会社があります。
電力会社にも、ガソリン代が安くなるなどのサービスがありますので、自分にとって何がメリットになるのかをしっかり把握した上で、契約会社の変更をお勧めします。

エアコンの電気代の節約について。


夏のエアコンは熱中症対策の面でもある程度は仕方ないと思いますが、サーキュレータを使って空気を循環させるだけでもかなり違ってきます。

設定温度を28度にしてもサーキュレーターを使うと涼しく感じられます。

可能であれば緑のカーテンなども作るとすずしくて、電気代節約になります。

冬のエアコンは夏よりも電気代がかかりますので、しっかり節約したいものです。

冬はエアコンではなく、こたつがおすすめです。

電気代の節約にもなりますし、家族がこたつのある部屋に集まってきますので、みんなで集まるだけでも部屋の空気も温まりますし、家族と団らんすることもできて一石二鳥です。

こたつの敷パットの下に断熱シートなどを敷いたり、掛け布団を厚くするだけでも温かさが長持ちするので節電になります。

こたつが無理でもひざ掛けを使用したり、ヒートテックなどの保温性のあるインナーを着たり、首や足首を温めるネックウオーマーやレッグウオーマーを身に着けるだけでも温かくなりますのでエアコンの使用を最小限にすることもできると思います。

日中はカーテンを開けて部屋に暖かい太陽の光を取り入れて、夜には早めにカーテンを閉めて保温することも大切です。

温かい食べ物や飲み物をとることも良いと思います。

大学生一人暮らしの節約術を紹介!


大学生で一人暮らしとなると、食費から生活費からどんどんお金がかかるものが増えて、節約しないと金欠!なんてことありますよね。

私も一人暮らしを始めたばかりの頃は、金欠になることが多くありました。

私が普段からしている節約術を紹介します。

まず一番節約できるもの、それは食費です。外食を極力しないだけでもかなりの節約になります。ちゃんと自炊することで、栄養も取れるに一石二鳥です。スプラウトだと一回食べて、根っこを残しておけば、成長したらまた食べることができます。数人前分を作って一食ずつ冷凍しておけば、作るのがめんどくさいというときでもチンして食べられるのでおすすめです。

誘われて行かないといけないというとき以外は是非自炊をしましょう。

次は水道代を安くする方法です。使っていないとき以外は水を出しっぱなしにしないことはもちろんしなければなりません。おすすめなのは、少ない水の量なのに普通に使えるシャワーヘッドです。使っていて物足りなさがないのが不思議ですが、水が出る量が少なくなるので若干の節約になります。

いかがでしょうか?

ちょっとした気遣いを重ねることで、確実に節約はできます。最初は大変だけど、少しずつ慣れて余裕が出てくるのでがんばりましょう。